インフルエンザから身をまもる

 今日はこれからの季節流行が予想されるインフルエンザから身を守ることをテーマにすこしまとめてみます。

 

インフルエンザは飛沫(ひまつ)感染することが知られています。咳をすると飛沫(唾液)が飛び、飛沫は1m以内に落下します。しかし、人は咳の瞬間、自分の利き手を口に持っていき、自分の手に気道粘液や、唾液を大量に付着させてしまい、その手であちらこちらを無意識に触れてしまいます。例えばトイレに行き、ドアノブ、水道の蛇口等に触れます。病院内や飛行機の機内、公共施設等では、触れたところをその都度掃除、消毒することはできません。そこで感染予防に最も有効な対策は、手洗いです。

また密閉された室内、乗り物では、その飛沫そのものがほこりに付着して長時間浮遊することもあるため、感染予防のためにも換気をすることも大切なことです。

 

咳エチケットとは?

1.マスクを積極的に着用する

 →鼻と口の両方を、隙間がないように覆います。マスクを着用していない時は、ティッシュ、ハンカチで口と鼻を覆い、周りの人から顔をそむけましょう。ティッシュやハンカチがない時は、腕や袖口で口と鼻を覆い飛沫が相手にいかないように配慮することが大切です。

2.液体洗剤と流水(水道の水を出しっぱなしにして)出15秒~30秒の手洗いをする(15秒で細菌数は1/10となり、30秒で1/100に減少させることができます。)

 →接触感染を防ぐため、咳やくしゃみをする際に押さえた手や腕はすぐに洗いましょう。

3.アルコールによる消毒をする(流水と液体洗剤手洗いと、同等以上の効果があります。アルコールによりウイルスは30秒後に1/1000、1分後10000~1/100000に減少します。)

 →速乾性消毒用アルコールによる消毒は手や腕に付着した風邪の原因となるウイルスやインフルエンザウイルスを死滅させることができます。正しく手洗いをしたあとにアルコール消毒を行なうことがよいでしょう。液体タイプでは3~5mℓ、ジェル状では500円玉大を完全に乾くまで擦り込むことがコツです。
4.使用後のティッシュの後始末

 →鼻水、痰などを含んだティッシュは感染拡大の元となる可能性があるため、すぐにゴミ箱に捨ててください。            (看護師 二宮)

診療科目

 内科・循環器内科・小児科

 

診療曜日・時間

 
午前9時 ~12時半

午後4時

~夜7時

木曜日・日曜祝日と土曜日の午後は休診。

土曜日は午後1時まで診療します。

予約なしで受診できますが、当日でも電話で予約可能です。

混雑状況はこちら

 

アクセス

〒465-0036

名古屋市名東区藤里町401

TEL  052-726-8950 

グーグルマップなら0527268950と入力すると検索できます。

公共交通機関で

市バス「新藤森橋」下車すぐ

地下鉄藤が丘、印場、引山方面から藤丘11系統

地下鉄本郷、本地住宅方面から本郷11系統

大森車庫方面から出入庫系統本郷-大森車庫

 

お車で

本郷から県道59号を北へ、藤森交差点の北30mの右側 酒の中山の北隣り、ローソン名東藤里町南隣り

国道363号出来町通、森孝新田交差点を南へ300mの左側 

駐車場は6台分ございます。

 

詳しいアクセスはこちら