女性の高コレステロール血症の治療基準

今回は、高「LDLコレステロール」血症の治療基準についてお話します。

これまでの研究結果からLDLコレステロールは下げれば下げるほど心臓病や脳梗塞などの動脈硬化を減らすと考えられています。下げたことによる害はほぼありませんので、治療するコスト(治療費)と効果を比較して治療基準値が設定されています。(注:コレステロール治療に異議を唱えているひとも、治療が不要とはいっていますが下げると害があるとはいっていないようです。)

しかし最近になり、LDLコレステロールが高くても動脈硬化の進行が遅い方がいることがわかってきました。

これまでコレステロール値が高い方は、家族歴の有無(ご両親や兄弟で心臓や血管の病気があるか)、喫煙、高血圧、糖尿病、加齢が動脈硬化の進行に大きく影響していることがわかっていましたが、これまで考えられていた以上に性別が重要な要素であることが最近の研究データで示されました。

この研究の結果から、閉経前の女性で、LDLコレステロール値は160mg/dl以下の場合、家族歴がなく、喫煙歴がなく、高血圧、糖尿病のいずれも合併していない場合は、動脈硬化疾患の発生率が低いため治療は不要と考えられます。その一方で閉経後の女性の動脈硬化は男性と同様に進行すると考えられていますので治療開始を検討するべきです。(研究データでは10年後までの合併症の発生率は極めて低かったとの結果ですが、なんといっても女性は長寿ですので10年では不十分ではないでしょうか。)

鈴木クリニックでは、閉経後の女性については、血液検査の数値のみではなく、家族歴(両親や親類の動脈硬化関連の病気)や血管年齢(血管の硬さ)や頸動脈エコー(血管へのコレステロール沈着)の結果を参考にして、動脈硬化度を判定した上で治療をおこなうかどうかを決定するようにしています。

 

診療科目

 内科・循環器内科・小児科

 

診療曜日・時間

 
午前9時 ~12時半

午後4時

~夜7時

木曜日・日曜祝日と土曜日の午後は休診。

土曜日は午後1時まで診療します。

予約なしで受診できますが、当日でも電話で予約可能です。

混雑状況はこちら

 

アクセス

〒465-0036

名古屋市名東区藤里町401

TEL  052-726-8950 

グーグルマップなら0527268950と入力すると検索できます。

公共交通機関で

市バス「新藤森橋」下車すぐ

地下鉄藤が丘、印場、引山方面から藤丘11系統

地下鉄本郷、本地住宅方面から本郷11系統

大森車庫方面から出入庫系統本郷-大森車庫

 

お車で

本郷から県道59号を北へ、藤森交差点の北30mの右側 酒の中山の北隣り、ローソン名東藤里町南隣り

国道363号出来町通、森孝新田交差点を南へ300mの左側 

駐車場は6台分ございます。

 

詳しいアクセスはこちら