適正な体重に近づけるために2

健康を維持するためには1日300g以上の野菜を摂ることが推奨されています。減量のための食事療法では、低カロリーの野菜をたくさん摂ることでかさを増して満足感を得ることがポイントです。そこで野菜を意識して摂るための毎日の調理や献立に役立つコツを紹介したいと思います。

 

     煮る 

どんな野菜も煮ることでかさが減り、たっぷり食べられます。いつものお味噌汁の野菜の量を見なおして多めにしてみてはいかがでしょうか。野菜をたくさん入れて汁を少なめにすれば、減塩にもつながります。 味噌汁やスープなどの汁物は、野菜をたくさん摂るためのおかずと考えるとよいでしょう。

例)レタスのバター煮・・・まるごと1個が2人で食べられる位かさが減ります。

コンソメスープで煮て最後にバターを加えます。アレンジとして和風だしで煮てかつおぶしをかけてもおいしいです。

 

     電子レンジで加熱する

キャベツやレタス・チンゲンサイなどの青菜は、100gあたり600wで1分程度が加熱時間のめやすです。小鉢のおかずを作る時には電子レンジを活用すると便利です。

レンジで加熱した青菜を、多めのかつおぶしや桜えび、ごまや細かくちぎった焼き海苔などで和えるだけでうまみの効いた一品が出来上がります。

 

     蒸す

栄養素の損失が少ないのでおすすめの調理法です。野菜の甘味やうまみが引き出せますし、油を使わないので低カロリーに仕上がります。味付けに、ノンオイルのドレッシングや手作りのタレを使えばさらに効果的です。また、肉や魚と一緒に蒸せば、調理時間の短縮にもなり、一石二鳥ですね。

例)ノンオイル調味料

*しょうゆ・みりん各大さじ1と酢・レモン汁各大さじ1/2を混ぜあわせる

 

     冷凍野菜やカット済野菜を活用する

肉料理や魚料理に付け合せとして添えたり、野菜が不足しがちな一品料理(カレーやラーメンなど)に加えるだけでも栄養バランスが整うので、活用してみてはどうでしょうか。

                                (事務・栄養士 諏佐)

診療科目

 内科・循環器内科・小児科

 

診療曜日・時間

 
午前9時 ~12時半

午後4時

~夜7時

木曜日・日曜祝日と土曜日の午後は休診。

土曜日は午後1時まで診療します。

予約なしで受診できますが、当日でも電話で予約可能です。

混雑状況はこちら

 

アクセス

〒465-0036

名古屋市名東区藤里町401

TEL  052-726-8950 

グーグルマップなら0527268950と入力すると検索できます。

公共交通機関で

市バス「新藤森橋」下車すぐ

地下鉄藤が丘、印場、引山方面から藤丘11系統

地下鉄本郷、本地住宅方面から本郷11系統

大森車庫方面から出入庫系統本郷-大森車庫

 

お車で

本郷から県道59号を北へ、藤森交差点の北30mの右側 酒の中山の北隣り、ローソン名東藤里町南隣り

国道363号出来町通、森孝新田交差点を南へ300mの左側 

駐車場は6台分ございます。

 

詳しいアクセスはこちら