食べる順番による血糖値への影響

食事直後の血糖値の急激な上昇は(食後高血糖といいます)、動脈硬化の進行を早めることが最近の研究でわかってきており、お薬での治療も行われていますが、御自身できる食事の食べる順番について考えてみます。


食物繊維については前回のコラムで書きましたが、小腸での糖質の吸収速度を遅延させ血糖の急上昇を防ぐ効果があります。ですから、食物繊維が多く含まれている野菜や海藻を使ったおかずから先に食べるようにすると、血糖値の急上昇を防ぐことができるのです。

つまり同じ献立の食事を食べる時、ご飯.・麺・いも類などの炭水化物から先に食べた時よりも、野菜のおかずから先に食べた場合のほうが、血糖値の上昇がゆるやかになります。

次に肉や魚などのおかず(タンパク質・脂質)についてですが、炭水化物より消化吸収に時間がかかりますし、タンパク質は消化吸収されてから50%程が、脂質は10%程がゆっくりと糖に変わるので、糖質が主である炭水化物よりは、はるかに血糖を上昇させにくいのです。


<理想的な食べ方>

最初に野菜・きのこ・海藻のおかずを食べきってしまいます。食物繊維のおかずを先に食べることによって血糖の急上昇を防ぐだけでなく、満腹感も得られ、自然と食事量(摂取カロリー)が減るので減量にもつながります。

次に肉や魚、大豆製品などのタンパク質のおかずを食べます。野菜ほどではありませんが、炭水化物よりは血糖が上がりにくいですし、消化時間も炭水化物よりはかかるので、野菜の次に食べることで糖質の吸収をさらに穏やかにします。

そして最後に炭水化物のごはんやパンを食べるようにします。よくかんでゆっくり食べるようにすればさらに効果的です。コース料理(サラダ→スープ→肉・魚料理→パンorライス)をイメージして食べるようにするとわかりやすいでしょう。

ちなみに、おかずとごはんを一緒に食べたい時は、少しだけおかずを残しておいて最後にごはんと一緒に食べるようにしましょう。


毎食必ず、野菜のおかずから先に食べることは、現実的には難しいかもしれませんが、食物繊維の効果を知った上で、まずは意識することから始めてみてください。

                                                  (事務・栄養士 諏佐)

診療科目

 内科・循環器内科・小児科

 

診療曜日・時間

 
午前9時 ~12時半

午後4時

~夜7時

木曜日・日曜祝日と土曜日の午後は休診。

土曜日は午後1時まで診療します。

予約なしで受診できますが、当日でも電話で予約可能です。

混雑状況はこちら

 

アクセス

〒465-0036

名古屋市名東区藤里町401

TEL  052-726-8950 

グーグルマップなら0527268950と入力すると検索できます。

公共交通機関で

市バス「新藤森橋」下車すぐ

地下鉄藤が丘、印場、引山方面から藤丘11系統

地下鉄本郷、本地住宅方面から本郷11系統

大森車庫方面から出入庫系統本郷-大森車庫

 

お車で

本郷から県道59号を北へ、藤森交差点の北30mの右側 酒の中山の北隣り、ローソン名東藤里町南隣り

国道363号出来町通、森孝新田交差点を南へ300mの左側 

駐車場は6台分ございます。

 

詳しいアクセスはこちら