高脂血症とコレステロール制限食

今回、動脈硬化学会から「コレステロール摂取量に関する声明」としてあらためてコレステロール摂取と血中コレステロール値とは関係が薄いことが公表されました。    

 

<高コレステロール血症について>

体内で合成しているコレステロールが8割に対して食事から摂取するコレステロールは2割とされていますので、ほとんどのひとでは厳密にコレステロール除去した食事を食べた場合でも、血液コレステロール値はわずかしか低下しません。しかし、数%の人では食事からのコレステロール吸収率が高いため、食事中のコレステロール量が多いと血中コレステロール値が高くなってしまう方があります。 コレステロールの吸収率が高い体質かどうかを調べるには研究用の特殊な検査が必要ですので、実地診療ではまずできるだけコレステロール制限食にしてみて血中コレステロール値が低下するかどうかを判定します。 コレステロール制限食にしてみて血中コレステロール値が低下した場合は、食事からのコレステロール吸収率が高い体質ですので、できるだけコレステロールの多い食事を避けておくのがよいでしょう。

 

それでは、コレステロール制限食で血中コレステロール値が低下しない場合や低下が不十分な場合はどうすればよいのでしょうか。

体内でのコレステロール合成は食事摂取カロリー量が多いほど増加するので、もし太りすぎているなら食事の量(=摂取カロリー)を減らすことが重要です。体重減少しても血中コレステロール値が低下しない場合や太り過ぎでない場合は動脈硬化のリスクに応じてお薬を服用するかどうかを検討する必要があります。

 

<高中性脂肪血症について>

高脂血症の中でも高中性脂肪血症はコレステロールよりさらに食事摂取カロリーの影響をうけやすいため同様に摂取カロリー制限が重要です。    

 

どのタイプの高脂血症でも、食品の種類だけでなく摂取カロリーを意識してください。  

診療科目

 内科・循環器内科・小児科

 

診療曜日・時間

 
午前9時 ~12時半

午後4時

~夜7時

木曜日・日曜祝日と土曜日の午後は休診。

土曜日は午後1時まで診療します。

予約なしで受診できますが、当日でも電話で予約可能です。

混雑状況はこちら

 

アクセス

〒465-0036

名古屋市名東区藤里町401

TEL  052-726-8950 

グーグルマップなら0527268950と入力すると検索できます。

公共交通機関で

市バス「新藤森橋」下車すぐ

地下鉄藤が丘、印場、引山方面から藤丘11系統

地下鉄本郷、本地住宅方面から本郷11系統

大森車庫方面から出入庫系統本郷-大森車庫

 

お車で

本郷から県道59号を北へ、藤森交差点の北30mの右側 酒の中山の北隣り、ローソン名東藤里町南隣り

国道363号出来町通、森孝新田交差点を南へ300mの左側 

駐車場は6台分ございます。

 

詳しいアクセスはこちら