高血圧治療にともなう不快感

高血圧治療を開始後、血圧値が下がってくると「体のだるさ」や「元気のなさ」「ふらつき」を感じる方があります。

 

薬を飲む前とくらべて脳や内蔵や筋肉へ循環する血液がわずかに減ったためにでてきた症状だと推測されますが、検査などでははっきりとした循環の悪化は検出できないことがほとんどですので、「気のせいです」などと言われた方もあるかもしれません。

 

通常、わたしたちの体は血圧が下がれば動脈が拡張することによって血流量が減らないように調節する仕組みがあります。しかし、症状が出る方は、すでにある程度動脈硬化が進行してしまっており、血圧が下がっても血管がすぐに拡張できず血流量が減ってしまっていると考えられます。

それでは、どう対処したらよいのでしょうか?

 

カチカチに動脈硬化が進行してしまっている場合を除き、数週間のあいだ、低い血圧を保っているとゆっくりと血管が緩んでくると考えられます。お薬の開始にともなって「体のだるさ」や「元気のなさ」「ふらつき」を訴えていた方でも、生活に支障がない程度の症状は我慢して1~2ヶ月経過をみると徐々に自覚症状はとれていくことがしばしば見られます。症状が減ってきたら「ゆっくり」と「すこしづつ」お薬を増やして目標血圧の135/85mmHgまで下げていきます。

 

医師は症状をくわしく聞いて血圧を下げる程度や速度を調節します。数値だけをみて治療薬を増やしていくと症状が悪化して治療を中断してしまうことになりかねませんので、十分に納得・理解して治療を進めていくことが必要です。そのためにはわかりやすい説明が重要ですね。

 

診療科目

 内科・循環器内科・小児科

 

診療曜日・時間

 
午前9時 ~12時半

午後4時

~夜7時

木曜日・日曜祝日と土曜日の午後は休診。

土曜日は午後1時まで診療します。

予約なしで受診できますが、当日でも電話で予約可能です。

混雑状況はこちら

 

アクセス

〒465-0036

名古屋市名東区藤里町401

TEL  052-726-8950 

グーグルマップなら0527268950と入力すると検索できます。

公共交通機関で

市バス「新藤森橋」下車すぐ

地下鉄藤が丘、印場、引山方面から藤丘11系統

地下鉄本郷、本地住宅方面から本郷11系統

大森車庫方面から出入庫系統本郷-大森車庫

 

お車で

本郷から県道59号を北へ、藤森交差点の北30mの右側 酒の中山の北隣り、ローソン名東藤里町南隣り

国道363号出来町通、森孝新田交差点を南へ300mの左側 

駐車場は6台分ございます。

 

詳しいアクセスはこちら